Open

デジタルメディア情報や社員の活動などをご紹介する
「つるまう日記」を定期的に発信しています。

便利!検索広告の広告カスタマイザ

デジタルメディア情報 2022.06.20

 

こんにちは。JDC荻久保です!

 

最近は曇り空が続きますね。梅雨も本格化すると、心配なのは水害かと思います。今年は大きな被害がないことを祈ります。

高崎、前橋市内には水はけの悪い道もいくつかあり、雨量が多い日に車を走らせていると某夢の国の、水の中に突っ込むアトラクションかな?とも思える瞬間があります。みなさまも事故、災害にはお気を付けください。

 

さて今回は、このJDCかわら版でも取り上げる機会の多い、検索広告の話題です。過去にもレスポンシブ検索広告について触れた記事があります。レスポンシブ検索広告って何だ?と感じられた場合は、過去の記事をご確認いただければと思います。

 

▍検索広告の主流に!レスポンシブ検索広告

https://www.joetsu-dc.com/blog/digitalmedia/20210921-responsive-search-ads/

 

▍レスポンシブ検索広告~見出し作成編~

https://www.joetsu-dc.com/blog/digitalmedia/20211115-responsive-search-ads/

 

なお、2022年6月30日から、レスポンシブ検索広告が唯一の検索広告となります。まだ拡張テキスト広告だけを配信している場合には、すみやかにレスポンシブ検索広告の配信を開始することを推奨いたします。

 

 

さて今回は、検索広告の「広告カスタマイザ」という機能について紹介いたします。

 

例えば、「【SALE】ワンピース」という広告タイトルを作成したとします。他にもセール対象の商材がある場合、同じく「【SALE】レディースシューズ」というタイトルを作ればいい!と思いませんか?実はあまり推奨できません。

レスポンシブ検索広告は、入稿している広告タイトルから2~3個のタイトルが選ばれて表示されます。もしこの2つが選ばれてしまったら…

 

【SALE】ワンピース|【SALE】レディースシューズ

 

このような広告タイトルになってしまい、不自然ですよね。訴求が重なってしまっていてもったいないですし、ユーザーに不信感を与えてしまう表示になってしまいます。

だけど、ワンピースも靴も、何ならスカートもジャケットもセール中だし…全部訴求したいんだけど…という場合に、活躍するのが「広告カスタマイザ」機能です!

 

「広告カスタマイザ」の活用方法

「広告カスタマイザ」を使用すると、前述したような場面で、ユーザーが検索した語句に合わせて広告文を自動調整できます。

下記のようなイメージです。

 

・入稿キーワード:スカート

・ユーザーの検索語句:「スカート 安い」

・広告設定:「【SALE】(カスタマイザ挿入部分)」

・実際に表示される広告タイトル:「【SALE】スカート」

 

ユーザーが検索した語句と一致する入稿キーワードがそのまま広告タイトルに挿入されるのです。これを活用すれば、靴でもジャケットでもワンピースでも、1つの広告タイトルだけで網羅できますね。

 

「広告カスタマイザ」の他の活用方法

上記だけでもかなり便利な「広告カスタマイザ」機能ですが、他にも「地域に応じて広告文を変えたい」「検索される時間に応じて広告文を変えたい」といった要望も叶えることができます。広告が表示される地域によって訴求を変えたかったり、商材ごとに期間限定のセールを実施したりしている企業さまに是非導入をお勧めします。広告管理の工数がかなり削減できるかと思います。

 

大変便利な「広告カスタマイザ」、導入したい!という企業さまはぜひJDCにご相談くださいませ。JDCでは広告運用代行だけでなく、自社で広告を運用されている企業さまのサポート支援も行っております。現状の広告配信に不安や不明点、お悩みがある場合もお気軽にご連絡ください。

 

それでは、雨模様が続く群馬県ですが、みなさま体調に気を付けて元気にお過ごしくださいませ!

以上、荻久保でした!


 

荻久保(ニックネーム:イン・ドア子)
PageTop