Open

デジタルメディア情報や社員の活動などをご紹介する
「つるまう日記」を毎週発信しています。

  • HOME
  • JDCかわら版
  • #177 【画像付き解説】2024年7月でUAデータ削除!バックアップ方法とGA4おすすめ設定をご紹介!

#177 【画像付き解説】2024年7月でUAデータ削除!バックアップ方法とGA4おすすめ設定をご紹介!

デジタルメディア情報 2024.06.12

 

こんにちは!

JOETSUデジタルコミュニケーションズの高瀬です。

 

みなさま、Googleアナリティクス(以下GA)の活用はできていますでしょうか?

 

Webサイトの分析・改善に欠かせないGAですが、

旧GAである、ユニバーサルアナリティクス(以下UA)の

データ削除が2024年7月に迫っています。

 

今回の記事ではUAデータのバックアップ方法、

さらに、最新のGAであるGoogleアナリティクス4(以下GA4)の

おすすめ基本設定を2つ紹介させていただきます。

 

・2024年7月以降もUAデータを解析に使いたい

・何かあったときのために、UAデータを保存しておきたい

・GA4を導入しているが、Webサイトの改善ができていない

という方に役立つ情報を載せています。

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

UAデータのバックアップ方法

本記事ではUAデータのバックアップ方法のうち、

最も簡単なものをひとつご紹介します。

この他の方法はGoogle公式ページで紹介されていますのでご参考ください。

 

●ステップ1
UAでダウンロードしたいデータの画面を開く。
・ページタイトル別:行動>サイトコンテンツ>すべてのページ
・チャネル別:集客>すべてのトラフィック>チャネル
・端末別:ユーザー>モバイル>デバイス           など

 

●ステップ2
画面右上でデータの取得期間を設定し、エクスポートをクリック。

 

●ステップ3
ダウンロードするファイル形式を選択。
(PDF、Google スプレッドシート、Excel、CSV のいずれか)
※ExcelまたはCSVでエクスポートすると、「日別」の数値が自動で出力されます。

 

エクスポート方法は以上の3ステップになります。

個人的には、出力後にグラフ化できるGoogleスプレッドシートやExcelがおすすめです。

 

長期間で分析を行いたい方、

GA4導入以前のレポートを確認する可能性がある方など、

UAデータを今後も参照予定の方は、ダウンロードをおすすめします。

 

 

GA4のおすすめ基本設定

次にGA4のおすすめ基本設定をご紹介します。

GA4を導入したもののうまく活用できない、見たいデータが取得できない、

という方は以下の設定を実践してみてください。

 

⒈Googleシグナル有効設定
設定するメリット:
・ユーザーが異なるデバイスを使用している場合でも、それを識別してトラッキングできる
・ユーザー属性(地域・性別・年齢など)を取得できる

 

設定方法:

●ステップ1

管理>データ収集と修正>データ収集>Googleシグナルのデータ収集

 

●ステップ2
「Googleシグナルのデータ収集」をON

⒉データの保持期間延長
設定するメリット:
・探索レポートで最長14か月間のデータを活用できる(初期設定は2か月間)・探索レポートで前年同月の数値を確認できる

 

設定方法:

●ステップ1
管理>データの収集と修正>データ保持>ユーザーデータとイベントデータの保持

●ステップ2
イベントデータ、ユーザーデータともに「14か月」を選択

 

 

むすびに

今回の記事では、UAのデータバックアップ方法と

GA4のおすすめ基本設定をご紹介しました。

 

また、JDCではGA4サポートを含む、

Webマーケティング支援サービスを展開しております。

・GA4の数値をもとにしたレポート作成ができていない

・GA4の各数値は把握しているが、サイトの改善方法が分からない

などのお悩みがありましたら、ぜひご相談ください。

企業様の課題解決に向けて、伴走してサポートいたします。

 


 

高瀬(ゆうまボーイ)
PageTop