Open

デジタルメディア情報や社員の活動などをご紹介する
「つるまう日記」を定期的に発信しています。

締め切りにはご注意を

つるまう日記 2022.05.30

皆さんこんにちは。

広告運用担当の川田です。

 

新年度に入り約2ヶ月。

ゴールデンウィークが過ぎ、夏のような日差しの日も増えてきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

この時期は心地の良い日が多く、レジャーには最適の季節ですね。

私が外出する時は、車での移動がほとんどです。

群馬県にお住いの多くの方は同じなのではないでしょうか。

 

そんななくてはならない自動車ですが、自動車をお持ちの方はこの時期になると自動車税の納付がありますよね。

納付期限は5月末なのですが、毎年納付期限を忘れていて期限ギリギリになり慌ててコンビニエンスストアで支払っています。

支払い方法を口座振替に切り替えることで、そんな心配もなくなるのですがそれも毎年忘れている始末。

 

面倒なことを後回しにするのは本当によくないことですね。

 

 

期限と言えば、Google、Yahoo!の最もスタンダードな広告ともいえるリスティング広告。

このリスティング広告の中でも頻繁に使われていた「拡張テキスト広告(Yahoo!は”拡大テキスト広告”。以下、Google、Yahoo!共通の表記の場合は拡張テキストと記載。)」が、もうすぐ提供終了されるのをご存じでしょうか。

 

拡張テキスト広告とはリスティング広告を入稿する際に用いる広告の種類の一つです。

3つのタイトルと2つの説明文というオーソドックスな組み合わせで、リスティング広告を利用するならまずはこれ、と言えるほど基本的なプロダクトです。

 

最近では、ユーザーに合わせて媒体が最適なタイトルと説明文を選択して表示するRSA(レスポンシブ検索広告)の方が媒体から推奨されています。

 

基本的にはRSAだけで拡張テキスト広告の役目も担えるため、拡張テキスト広告は不要となりつつありました。

 

そして、ついに2022年の下記日程にて拡張テキスト広告の提供が終了される事となります。

(※期日以降、入稿・編集が出来なくなりますが配信自体は継続可能とのことです)

 

 

Google 拡張テキスト広告

6月末に提供終了予定

Google広告ヘルプ:https://support.google.com/google-ads/answer/7056544?hl=ja

(2022 年 6 月 30 日より、拡張テキスト広告の作成および編集はできなくなります。ただし、以降も拡張テキスト広告の配信は継続され、掲載結果のレポートも確認できます。)

 

 

Yahoo! 拡大テキスト広告

9月末に提供終了予定

Yahoo!広告リリースノート:https://ads-promo.yahoo.co.jp/support/release/30270459.html

(終了以前に入稿した拡大テキスト広告は、引き続き配信されます。

拡大テキスト広告の以下の機能は入稿終了後も継続して利用できます。

‐パフォーマンスレポートおよび統計情報での実績値の出力

‐広告の配信設定(オン/オフ)の変更)

 

 

リスティング広告を利用している多くの方は、拡張テキスト広告を利用していたのではないかと思います。

特にYahoo!では、拡大テキスト広告の代わりとなるRSAが導入されてから約1年です。

RSAへの移行が済んでいない方も多いのではないでしょうか。

直前になって慌てないためにも早めにRSAへの再入稿を行う事をお勧めいたします。

 

RSAでは、拡張テキスト広告では分析しづらかったタイトル毎の効果を「アセット評価」として分析できます。

より高度な分析が可能な反面、広告の良し悪しの判断基準や閲覧可能な指標が増えています。

 

JOETSUデジタルコミュニケーションズでは効果的なRSAの入稿はもちろん、広告表示オプション等の配信設定も多くの配信事例をもとに最適な方法でご提供しております。

 

RSAでの入稿がよく分からない場合や、より効果的にPDCAを回していきたい場合などリスティング広告の効果をもっと上げたいとお考えの方は是非ご相談ください。

 

それではまた。


 

川田(ニックネーム:あっきーさん)
PageTop