Open

デジタルメディア情報や社員の活動などをご紹介する
「つるまう日記」を定期的に発信しています。

Amazon内でLIVE販売!?Amazon Liveとは

デジタルメディア情報 2021.04.19

みなさん、こんにちは。

JDCの「じゃんぼ」こと石川です!

 

今回はAmazonの新サービスの情報を紹介いたします。

 

Amazonでは様々な機能・アップデートが行われています。

そのほとんどは「米国でテスト→好評→全世界に展開」という流れを取っています。

 

実は、アメリカのマーケットプレイスを覗くと、新しい機能が分かったりするんです。

そのような機能・アップデートの中には話題の「Amazon Live」というものがあります。

 

Amazon Liveとは?

Amazon Liveのページには下記のように書かれています。

※以下、Amazon Liveページより引用

—————

ブランドメーカーとのリアルタイムでの交流が可能であり、

お客さまにアイデアや情報を提供しながら、楽しんでもらえるように設計されています。

Amazon Liveは、お客さまが新しいブランドを検討し、購入の意思決定をするのに役立ちます。

—————

 

つまり、、、Amazon内で「LIVE販売」ができるんです!

現在日本では使用できませんが、今後日本に来る可能性は大いにあります。

 

テレビではなく、インターネット上でのLIVE通販。

しかもAmazon上でのLIVE通販とはホットな機能ですね。

 

▼サンプル動画

https://www.amazon.com/live/broadcast/c16947f4-b169-41b7-9362-22241d1f57b6

 

気になるお値段は…?

Amazon Liveのページには下記のように書かれています。

 

※以下、Amazon Liveページより引用

—————

Amazon Liveを利用できる広告主様はAmazon Live Creatorアプリをダウンロードすることで、独自のAmazonライブストリームを無料で作成することができます。

また、Amazonが制作したライブストリームを使用することも可能です。

Amazon Live Creatorのアプリは、アメリカのストアを所有するお取引会社様や、

Amazonブランド登録に登録済みの大口出品者様を対象としています。

Amazonが制作したライブストリームを使用する場合、通常は35,000米ドル以上の費用がかかります。

—————

 

アプリをダウンロードすれば、無料でできる可能性があります(あくまで可能性です)。

 

▼Amazon Liveについてはこちら

https://advertising.amazon.com/ja-jp/solutions/products/amazon-live?ref_=a20m_us_hnav_p_lv

 

このような機能のアップデートが、実はAmazonでは他にもたくさん実施されています。

現在日本では使用できませんが、今後日本に来る可能性も大いにあり、引き続き情報としてキャッチしてまいります。

 

Amazonで売上をあげたい、改善したい、というお悩みをお持ちの方は、是非、お気軽にご相談くださいませ。


 

石川(ニックネーム:じゃんぼ)
PageTop