Open

デジタルメディア情報や社員の活動などをご紹介する
「つるまう日記」を定期的に発信しています。

Amazon掲載商品の価格が丸わかり?!Chrome拡張ツール

つるまう日記 2021.11.01

みなさん、こんにちは。

JDCの「じゃんぼ」こと石川です!

今回は、Amazonで使える、Chromeの無料拡張ツールをご紹介します!

 

このツールですが、Amazonチームしか使わないような特殊なものではなく、

Amazon掲載商品の価格推移が分かるツールであり、

ビジネス視点、プライベート視点ともに有効活用できます。

 

その名も、「Keepa」。

⇓のリンクから導入できます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/keepa-amazon-price-tracke/neebplgakaahbhdphmkckjjcegoiijjo/related?hl=ja

 

このツールのすごいところは、

『いつも見ているAmazonの商品詳細ページに価格推移が表示される』ということです。

わざわざ別のツールへ移動して調べる手間がないんです!

 

ビジネス視点では、、

競合他社の商品価格推移把握による自社商品の戦略を考えるヒントが得られます。

 

プライベート視点では、、

今買いたい商品が安いか高いかが分かるのです。

ご存知の方も多いかと思うのですが、Amazonは商品価格が頻繁に変わります。

価格が20%-30%変わるのなんて普通にあります。

 

セラーと呼ばれる、Amazonに出店しているタイプだと、自分で売価を変えられますし、

ベンダーと呼ばれる、Amazonに卸をするタイプだと、AmazonがAIで価格を変えます。

 

そんな価格の変動が、ひと目で分かってしまいます!

 

実際に私が欲しい商品で例を見てみましょう。

ゴルフ用のGPSウォッチです。

画像のオレンジの線が、Amazonがメーカーから仕入れて直接販売している(ベンダー)

の価格推移で、青い線が出店型の店舗の価格の最安値になっています。

10月中旬に出店型の店舗が一時的に価格を下げていたことが分かります。

おそらくセールか何かでしょうか。

 

また右下で期間を選択することができます。

いつからAmazonで販売されていて、どんな価格推移なのかが一目で分かりますね。

また、Keepaへログイン登録(無料)すれば、下記のような詳細データが自動で抽出されます。

売上rankや在庫数などが一目で分かりますね。

いかがでしょうか。

商品開発担当の方の視点、販売促進担当の方の視点、一般消費者の視点で色々活用の仕方が変わってきますね。

 

Amazonでは年末に毎年恒例のセールが控えています。

Amazonで売上をあげたい、改善したい、というお悩みをお持ちの方は、是非、お気軽にご相談くださいませ。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。


 

石川(ニックネーム:じゃんぼ)
PageTop